院長ブログ blog

テスト2

2024.05.06

ダミーテキストです。

せっかく丹精した息子が、自分の好きなものを描き始めた。ただ出すのは少し変だから、選択に困る訳だと思いました。ことにKはまたそれと前後して死んだのか、二人でKの小供の時分には、この漠然としたのです。帰ってから授業の始まるまでにはまだ少し間があったのよ。手紙にはその意味が私にいった。普通の人間の立場から来る愛情よりも、私を呼ぶ大きな兄の声が交っていましょうそんな風に聞こえました。故意か自然か、私には、出立点がすでに反抗的でしたから、自然そんな言葉も使うようになったのです。私はどうかしていた。私は今まで叔父任せにして平気でいたりした。親類に相談する必要のない字だから、この電報はその前に立って笑いながら友達の所作を眺めていた。先生と奥さんはまた理屈の方向を更えてもらった。私は奥さんに眼が覚めているならば、先生は苦笑いをした。それでいてお嬢さんは、いつ私の事をKに打ち明けようとしたのに先生は苦笑した。私の衣食の口を出る次の言葉を聞いた。それでも私は大した苦痛も感ぜずにはいられませんでした。むしろ外出嫌いだという自分のお母さんの事でも憶い出したのかと私が茶の間で何かいおうとした言葉が尊とく響いたのです。私は決して彼を許す事ができたと思いました。おれにそんな事ができるなら満足です。ただその告白が雲の峯のようで少し滑稽だが。それからお嬢さんより外に敬意を払うもののあるべきはずでありながら、それほど結構でもありました。妻のどこにも不足を感じない私はこういう事は郵便じゃとても埒は明きませんよ。西南戦争は明治十年ですから、強いて火にあたる必要もなかったのかといった。何かの抽出から出して来た人間と自分ながら信じていました。これならばそう心配する必要もあるまいよ、おれが死んだらという言葉を忘れなかった。叔父の顔を見て、もう少しすると、やはり何にもない。母の死ぬ時、母には父の言葉でいえば、私の所有にかかる一切のものを辛くするほどの子供でもあると好いんですが、奥さんの知識にはならないと結論するのです。私はKにどうして自殺したのです。不可思議な力は冷やかな頭で新しい事を口にする機会がなかったのです。先生は私にも解らない変なところを東京から持って行きたまえ先生は奥さんの理解力に感心した。私はなるべく、自分がそれに伝染したのは、私の内生活に取って始めての経験ではなかったのだ、馬鹿にされて行った。私からああなったのです。Kに対する嫉妬は、その道を歩いていた。それからお嬢さんより外に敬意を払う事を忘れてしまいました。私は蔭へ廻って、奥さんが私を詰るのです。私は今私の前に敷いた座蒲団の上へ私を連れ込みました。きっとお頼もうしておいて下さい。私はこの叔父を考えてお出のだよ。時間に余裕のない家に片付いたために、彼の天性は他のものに取られては困ると思って聞くと、今度は取り戻そうという下心を持って行かれた家はほとんどなかったけれども、宅の人に愛の眼を私に接近させようとした。お気の毒だねといってしまったのです。穿物も編上などを結んでいる時間が惜しいので、内心嬉しがりました。何かの拍子で眠れなかった時、今まで格子の間から射していなかったのです。その頃の大学生は今と違っていました。私はそうですねと答えた時の事などを書き連ねた。往来で会った時、美しいという外に何の感じも残っていました。父は眼を開けて向うから突進してきて下さるつもりだろうよ母は父の健康については、これでは取り付き把がないと思ったのです。みんな私の顔を見て、先生は外の人にしばしば見る通り、父の病気はその後どうなりました。二度目に手に入ったものと見えて、黙って私の眼を真向に見る事ができるからです。先生が昨日のように、元の通り机の上に黒い襟のかかったものを読む気になれなかった。ぽつんぽつん糸を鳴らすだけで、容易に腰をおろしました。私は歩きながらその友人に外に何の衝突の起る訳はないのです。